こんな子が個別指導に適している

どんな子供だと個別指導向き?

個別指導とは文字通り講師が生徒と1対1ないし1対5など、講師が個別対応のできる人数を担当する形式の事を指します。人が多い場所だと萎縮してしまう子や、他の子の主張に押されて自分の主張を控えてしまうようなおとなしい子は、集団指導ではその学習力を上手く発揮できませんし塾に行くこと自体がストレスになってしまいかねないので、個別指導向けだと言えます。また好奇心が強く「コレは何?」と疑問をたくさん投げかけてくる子供なども、きちんと答えてくれる講師がいる個別指導であればたくさんの疑問を解消することで豊富な知識が付き応用力が育ちやすいです。また友達や他の子がいると騒ごうとしてしまう子も個別指導向きであり、そういった子は周りの目がなければ気が散ることもなくなるので、個別指導の場だと意外にも高い集中力を発揮できる事があります。

個別指導を選んだ際のメリット

個別指導のメリットはなんと言っても柔軟性。子供がわからないところは先生が疑問を解消するまでマンツーマンの態勢で付き合ってくれますので、わからないまま次に言ってしまうことがなく、基礎知識をしっかり固めることが出来ます。講師が子供一人一人に合わせた専用のカリキュラムを組むため学習効率も良く、常に講師の目の届く所にいるので塾の時間の間サボる心配もまずありません。また大人と二人きりで会話をする事で思考や言葉遣いの成熟を促しますので、理性的な考え方を早い段階から獲得しやすいという特徴があります。また個別指導塾では全国模試や定期テストを受ける機会が多く設けられており、「競う相手が居なくて競争力が磨けない」という心配もありません。むしろ地域に収まらない広く高い視野での目標設定が出来るので、大幅な学力アップを期待することが出来ます。

© Copyright Good Individual Schools. All Rights Reserved.