やる気を引き出すのが塾の仕事

生徒のやる気を引き出すための工夫

塾は生徒の学力を向上させるのが最終的な目的になりますけど、そのためには生徒のやる気を引き出すことが大事です。生徒のやる気を引き出すことが出来なければ、生徒一人一人のモチベーションが低い状態で授業を行う事になり、学力が向上しにくい状況になります。いくら素晴らしい授業を行っても、生徒のやる気が乏しい場合はあまり効果がないです。では、生徒のやる気を引き出すためにはどうすれば良いかですけど、学力を向上させるメリットを説明していく事が重要ですよね。

例えば、学力が向上すると志望校に合格しやすい、有名企業に就職しやすいなどを生徒に定期的に伝えていきます。そうする事で、学力を伸ばす事は自分の将来を明るくするという事を理解してくれて、生徒のやる気が向上します。

クラス分けや保護者懇談会を行う

塾は、生徒のやる気をどこまで引き出すかが重要です。そこで、生徒のやる気を出すためには、クラス分けや保護者懇談会を行う事が大事です。クラス分けは、生徒の学力によって分けていきます。塾の成績が良い人はAクラス、成績が普通の人はBクラスのように学力によってクラス分けをしていく事によって、生徒同士のライバル関係を強くしていきます。生徒同士が、他の生徒をライバルだと意識するようになれば、勉強して成績を向上しなければいけないと強く感じてくれる可能性があります。

また、保護者懇談会を行って、子どもの授業態度や学力を保護者に伝えていきます。保護者に伝える事によって、子どもが塾の授業を真剣に受けて、学力を向上しなければ親から注意されると危機感を持って、塾の授業を受けてくれる可能性があります。

© Copyright Good Individual Schools. All Rights Reserved.